従来こちらが買った車はとても望ましいらしき車でした。今でもたまにそのことを思い起こします

学生時代のあたりの話です。とある自家用車メーカーの商店の前文を通ったら、まったく公刊したてのあるクルマが飾ってありました。そのシルエットのかわいらしさに瞬間惚れして、ぱっと注文を精神しました。納車は4か月先になると言われたがのですが、至急のぼりたかったので、ショールームに飾っている自家用車を買うことにしました。まったくライセンス集金だったので、近隣をクルクル見回るくらいしかできなかったのですが、大いにうれしくて、退屈があれば洗車ところに行き、手洗いですすぎ、ブラジリアンワックスをかけ、ぴかぴかに磨いていました。ですが、冬になり寒くなるとどうもエンジンのスピードが悪くなり、印ウェイティングで停車していると、急にエンジンがストップしてしまう悲劇が続きました。こんなとある夜、幹線裏道を走行中、急にスピードダウンし始め、なんとか裏道お隣に自家用車を寄せたものの、もっぱらエンジン停車してしまいました。周りの自家用車が猛スピードで脇を通り過ぎて出向くインサイド、不安になりながら、商店に電話するといった運良くつかまったので、代自家用車を持ってきてもらい、いよいよ家に帰る事ができました。
他にも、ウィンカーやヘッドライトの電球が切れたり、バッテリ−が直ちに上がったり、隙間悲劇も充分あり、また、くらしが変わった事もあり、手放してしまいましたが、今でもその車を見掛けるって「望ましいなぁ。またのぼりたいなぁ。」と思ってしまいます。手がかかる乳幼児ほど、かわゆいについてでしょうか。
車を売る、しかも高く!と考えている人は参考にしてみて